そばの雑学

年越しそば

  別名:「歳(とし)とりそば」、「大年(おおとし)そば」、「大つごもりそば」等の名が残っている。
 運気そば、福そば:
鎌倉時代、博多の承天寺で年の瀬を越せない町人に「世直しそば」と称して、そば餅を振る舞
ったことから、翌年から皆に運が向いて来たことから、大晦日に「運そば」を食べるようになっ
た。 

 三角縁起(みかど):
室町時代、関東三長者の一人増淵民部が毎年大晦日に無事息災を祝い「世の中にめでたい
ものは蕎麦の種、花咲き実りみかどおさまる」と歌い、家人ともどもそばがきを食べた。 

 寿命そば、のびそば:
そば切りは長く伸びるので、延命長寿や身体が長く伸びるようにと願う形状説。 

 縁切りそば、年切りそば:
そばは切れやすいことから、旧年の労苦や災厄をきれいサッパリに切り捨てる意味から。 

 勘定そば、借銭切りそば:
一年中の借金を打ち切る意味で借銭切り、残さず食べなければならない。 

 縁起から:
金銀細工師が散らかった金粉を寄せ集めるのにそば粉を使用したため、金を集める縁起から
始まった。 

 効能から:
『本朝食鑑』に「蕎麦は気を降ろし腸を寛(ゆるく)し、能(よ)く腸胃の滓穢積滞を錬る」とあり、新
陳代謝により体内を清浄にして新年を迎えるということから、そばを食した。 

捲土重来(けんどじゅうらい):
蕎麦は少々風雨に当たっても、翌日陽がさせばすぐに起き直る。来年こそは捲土重来を願い
蕎麦を食す。 

元旦そば
 朔日(ついたち)そば、元日そば:
日本人の古代の考え方では、一日の始まりが夕方から始まると考えられている。新年の行事
が大晦日の夜から始まる風習を考え合えわせると、夜ふけに食べる年越しそばは「朔日(つい
たち)そば」、または「元日そば」とも言える。 

 打ち初め、のばし始め:
正月二日に麺を打つことを神奈川県相模湖町では「打ち初め」、岡山県成羽町中村では「のば
し始め」と言れている。 

 ぶちぞめ、切りぞめ:
静岡県御殿場や長野県下伊那郡では、四日がそばの「ぶちぞめ」、「切りぞめ」となっている。 

 「砂場そば」は大阪が発祥
砂場蕎麦が出て来たのは享保15年(1730年)以前であることが判っている。大阪新町遊廓の旧
西大門のあった新町二丁目と、同三丁目の境にあたる南北筋の南側、小浜町は俗に砂場と
呼ばれた。土地そのものは砂場にあるそば屋ということで「砂場そば」、略して『砂場』といっ
た。 

 資料:以上の記事は、昭和59年度そば手帳より引用させて頂きました。

トップへ
トップへ
戻る
戻る